So-net無料ブログ作成

<普天間移設>「あくまで国外」 社民6都道県連、党本部に(毎日新聞)

 社民党の福岡、佐賀、長崎など6都道県連の幹部が9日、党本部を訪れ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり、あくまで国外移設を目指すべきだと申し入れた。阿部知子政審会長らは政府・与党の沖縄基地問題検討委員会で県外の移設先候補地も挙げており、沖縄県に近い九州の各県連を中心に党本部への反発が強まっている。

 阿部氏は検討委に示した案を「私案」と位置づけ公表していないが、当初、佐賀空港(佐賀県)や海上自衛隊大村航空基地(長崎県)などを想定していた。今夏の参院選を控え危機感を強めた地方県連からは「詳しい説明がなく、県民から『どうして佐賀空港なんだ』との声も寄せられている」(佐賀県連)などの批判が相次いだ。

 これに対し、阿部氏は自らの案について「党として『そこに移すべきだ』とは提案していない。これまで(過去の日米交渉などで)出てきた候補地をもう一度、政府として真剣に検証すべきだという意味で提案した」と釈明した。【西田進一郎】

【関連ニュース】
普天間移設:沖縄県、超党派で初の県民大会開催へ
普天間:移設先「ゼロベースで」 鳩山首相、改めて強調
普天間移設:社民、国民新が候補地提案 月内に政府案策定
シュワブ陸上案:「決議を超えてやるケースも」官房長官
シュワブ陸上案:反対意見書可決 名護市議会

5歳餓死、虐待発覚恐れ祖父母に3年会わせず(読売新聞)
<アカデミー賞>「ハート・ロッカー」受賞(毎日新聞)
一時金直接支払制度の影響?「黒字」で閉院に追い込まれる産院が増加(医療介護CBニュース)
30年に1度以下の異常気象=「北極振動」で北半球に猛寒波−気象庁検討会(時事通信)
<法曹養成>法科大学院など見直し 法務・文科省が議論開始(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。